Read it later.

Web製作に関するサーバ構成やコーディングネタの備忘録として使ってます。

*

Redmineの機能紹介

   

Redmineの機能について、分かりづらいところがあったので調べてみると、下記のサイトでナイスな説明が。
バリケンのRuby日記

文書

Redmineの「文書」は、あとで出てくるWikiみたいなものだよ。
Wikiとの違いは、「文書」はプロジェクトメンバーしか作成・編集することが出来ない点と、文書のカテゴリ分けができることだよ。

なので、プロジェクトメンバー向けのドキュメント(ルールとか)なんかは「文書」にまとめたほうがいいと思うよ。

文書には添付ファイルを付けることができるよ。
画像ファイルを添付して本文中に貼り付けることもできるから、ソフトウェアのインストールマニュアルを作ったりもできるよ。
なので、「このプロジェクトで開発しているソフトウェアに関するドキュメント(取扱説明書とか)」なんかも「文書」にまとめたほうがいいんじゃないかな。

Wiki

Redmineの「Wiki」は、いわゆるふつうのWikiと同じものだよ。
Wikiは、ひとつのプロジェクトにひとつだけ与えられるよ。
さっき出てきた「文書」との違いは、通常のWiki同様「ページタイトルによるリンク」ができることと、
Redmineのアカウントがない人でもページの作成・編集ができることだよ。

多くの人に気楽に修正してもらいたいような公開文書の場合は、Wikiのほうに書くといいかも。

「文書」同様、ひとつのWikiページごとに添付ファイルを付けることができるよ。
ただし、Redmineのアカウントがない人はファイルの添付ができないよ。

ニュース

Redmineの「ニュース」は、ブログみたいなもので、ひとつのプロジェクトにひとつだけ与えられるよ。
トラックバックは使えないけど、コメントはつけられるよ。

記事の書き込みにはRedmineのアカウントが必要だよ。
コメントも同様にRedmineのアカウントが必要になるよ。
閲覧だけならアカウントなしでも大丈夫だよ。

ニュースへつけたコメントは、コメントを付けた本人であれば削除することができるよ。

たぶん「ニュース」は、「プロジェクト外への広報の場」という位置づけなんじゃないかな。「バージョンxxxをリリースしました」とか。

フォーラム

フォーラムは、いわゆる「掲示板」だね。
掲示板の作成(いわゆる「スレ立て」)は管理者しかできないよ。
掲示板への書き込み(いわゆる「レス」)は、Redmineのアカウントが必要だよ。

フォーラムへの書き込みには、添付ファイルを付けることができるよ。

「文書」「Wiki」とは異なる点として、
フォーラムでの書き込みは「編集不可、削除不可」だよ。
2ちゃんねるとかの掲示板と同じだね。だから書き込むときは注意して書き込む必要があるよ。

フォーラムは「編集不可、削除不可」という性質を利用して、言った言わないにならないための「議論」に向いているかも。

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
UTF

『事の発端は、UTF-8のBOMって具体的に何だろう。』から始まり。 じゃあ、テ …

no image
ローカルSEO

Googleプレイスの表示順位付けについて調べたのだけど、 検索用語って「MEO …

no image
Sender Policy Framework(SPF)

電子メールの送信者偽称を防ぐ送信ドメイン認証技術の1つ。 詳しくは、財団法人イン …

no image
国コードを調べるには

↓一覧でみたい場合は、ここ。 ISO 3166-1-alpha-2 code ↓ …