Read it later.

Web製作に関するサーバ構成やコーディングネタの備忘録として使ってます。

*

$_SERVER[“REQUEST_TIME_FLOAT”]

   

$_SERVER[“REQUEST_TIME”]には置き換わることはなく、上記のような所要時間の計測ぐらいにしか使えないだろうけど、便利といえば便利な変数

microtime()関数のマニュアルを見ていたら、$_SERVER[“REQUEST_TIME_FLOAT”]なるスーパーグローバル変数がPHP 5.4.0 以降から使えるようになっていた。

// ランダムな時間のスリープ
usleep(mt_rand(100, 10000));

// PHP 5.4.0 以降は、REQUEST_TIME_FLOAT をスーパーグローバル $_SERVER から取得できるようになりました。
// ここにはリクエスト開始時のタイムスタンプがマイクロ秒の精度で記録されています。
$time = microtime(true) - $_SERVER["REQUEST_TIME_FLOAT"];

echo "Did nothing in $time seconds\n";

こんな感じで、スクリプト起動時からの現時点での正確な時間が取れるようになったとのこと。

本家のマニュアルはこちら。

 - PHP

  関連記事

php
$_REQUEST($_POST)に全てのアイテムが格納されない – max_input_vars

フォームに大量のINPUTタグを配置している場合に、 部分的には取れるけど、PO …

php
マルチバイト文字列を1文字づつ分解して配列化する – preg_split

便利な標準関数があったので、サンプルを。 マルチバイト文字列を1文字づつ分解し配 …

php
Smarty2からSmarty3へのアップグレードガイド

Smarty2を以前から愛用していたのだけど、Smarty3にそろそろ移行しよう …

php
[Smarty]確認画面などで使う、Hidden項目を全力で自動生成

入力確認画面や完了通知画面で、前画面(入力画面)のリクエストを元に一気にHidd …

centos
GeoIPのインストール

IPアドレスから国や都市を取得するためのライブラリが、MaxMind社のGeoI …

mysql
[MySQL][phpMyAdmin]Allowed memory size of XXXXXX bytes exhausted (tried to allocate XXXXXX bytes)

こんな現象がおきました phpMyAdminでデータベース全体をエクスポートした …

php
headers_list

リダイレクトやNot Found処理をする時に、header()を使用しHTTP …